Q&A

eco加湿

1-ハンドタオル

2-水を入れた容器に、本製品をゆっくり入れて下さい。1分間ほど浸け置きしてください。ポーラス状に焼成された当品は、水分の吸収性、放湿性に優れています。

3-十分に吸水すると素材の色が濃く変化します。

4-本製品を取り出し優しく布で底の足金具、裏内の余分な水分を拭き取りお使いください。

5-放湿性が高い当品は、水垂れしにくい事も特徴です。家具の上に置いてご使用ください。乾燥し水分が少なくなると白色に近くなり給水の目安となります。

ご使用になられる地域や特に乾燥されるお部屋でご使用する場合は、十分に水分を補充することをお勧めします。(通常よりやや長めに水に浸すことにより)加湿効果が持続されます

素材のブレンドから鋳込み作りまで全て手作業で行っています。商品により多少の誤差が生じます。 ご了承ください。


Q&A

eco加湿は、数種の素材をミキシングし鋳込み技法で作られた製品です。職人の手により一つ一つ型入れされ、約1000℃で焼成し製作しています。自然な風合いのある商品に仕上がっています。多孔質のセラミックは、吸水性がよく、放出性に優れています。また、水垂れしにくい魅力的な素材です。常に水を含ませ続けたり、また環境によってはカビ発生の可能性のある繊細な製品です。快適にご使用いただくために、事前に取り扱い説明書及び下記の内容をお読みください。


Q1 何でタオルのかたちなんですか。

表面に凹凸をつけることにより表面積が広がり、放出量が上がります。タオルのデザインは、シンプルでいて身の回りで自然に用いられるアイテムの形をモデルにしました。

Q2 メンテナンス方法をおしえてください。

長期間使用しますと、埃や汚れが付着します。微孔をふさぎ、水の吸収・放湿を妨げる原因になります。10日を目安に、水を入れたバケツ等の容器の中でやさしく洗い流し、天日に干してよく乾燥させ、その後水分を吸収させてくり返しご使用下さい。

Q3 アロマ液使えますか。

精油またはエッセンシャルオイルは、植物が産出する揮発性の油でおおむね液状で水より軽く、水に溶けず脂肪油などに溶ける性質です。オイルが  微孔をふさぎ十分な水分を吸収しづらくなり効果が半減します。お使いにならない様お願いします。

Q4 エビデンスはありますか。

NO-401のフェイスタオルで試験データーを取っております。

Q5どれくらい使えますか。

お使いの環境、メンテナンスによってお使いいただける期間に違いが出ます。水道水をお使いの場合、カルキが徐々に微孔を塞ぎ効果を落としてしまいます。蒸留水をお使いいただくとより長い期間快適にお使いいただけます。

Q6カビははえませんか。

メンテナンスに従いご利用いただけば、カビの発生を抑えることができます。

Q7加湿の逆 除湿機能はありますか。

材料の中に珪藻土を含みますが、約1000℃で焼成しています。除湿効果は認められていません。

Q8 製品に見られる色ムラなどは。

職人が一つ一つ手作りし、窯で焼成しています。数種類の材料を混ぜ合わせた際にうまれる色の濃淡、窯の中の炎の当たりでムラができる場合があります。品質上問題ございませんので安心してご使用くだい。

Q9 落としたり、力を加えたりすると壊れますか。

セラミック製品です。落とすと割れます。破損した際、破片にはご注意ください。

Q10 商品をそのまま置いて家具を傷めませんか。

水垂れしにくい特性がある素材です。底に金具の足を取り付けて、直接に家具などにつかない仕様にしています。水分に弱い材質の家具の上に長時間置くと傷める恐れがあります。定期的に置く位置を変えてお使いください。

Q11 お手入れする際、石けんで洗っても大丈夫ですか。

石鹸を使うと微孔をふさぎ、目詰まりを起こします。効果が半減するだけでなく、石鹸の残によりカビが発生することがあります。ご使用は避けてください。

Q12 裏に付いている金具はなんですか?

水分を吸収した本体を家具などの台から浮かせるための底鋲(足)を取り付けています。真鍮素材にニッケルメッキと塗装加工を施しています。家具などの台を傷めることなくご使用いただけます。eco加湿本体の上に重ね使いをすると陶器部分が黒ずむ事があります。